イメージ画像
HOME 名古屋市 寺 供養

普蔵寺のご紹介 名古屋市 寺 供養
普蔵寺のあゆみ・概要
供養のご案内
普蔵寺日和
永代供養墓

行事のご案内 名古屋市 寺 供養
普蔵寺年中行事

お問い合わせ 名古屋市 寺 供養
お問い合わせフォーム

CONTACT 名古屋市 寺 供養
愛知県仏教会
全日本仏教会
曹洞宗宗務庁

普蔵寺のあゆみ・概要 名古屋市 寺 供養
普蔵寺のあゆみ・概要

普蔵寺の歴史

由来
普蔵寺は祥景山と号します。
以前は、名古屋市東区七小町(元は東寺町)※1
北側にあり、面積は655坪3合2勺
約2166平方メートル)ありました。

徳川時代には582坪が除地※2となりました。

一等法地(徳川時代は色衣、長老地)29級で
萬松寺の末寺です。
由来 名古屋市 寺 供養
元は名古屋村にありましたが、名古屋城築城の折りに七小町に移りました。

蓬州旧勝録に「今以旧跡に普蔵松とて古株の松在り」と書かれており、
「小治田之真清水」には、巾下(はばした)御堀ばた御鷹部屋の南※3
樹齢4〜500年の松があり、堀の水にひたしていましたが、文化四年(1807年)
八月の大風で倒れたと書かれています。
これが普蔵寺境内の松である旨が記されています。

普蔵寺は、浄安瑞清(慶長12年(1607年)2月27日没)が開基しました。

萬松寺四世の太宗永播大和尚がこの地に隠居するということになり、
貞享二年(1685年)に萬松寺十世の日辰存東大和尚を勧請して出世地とし、
次いで十一世の久峯淳昌大和尚を二世に勧請して、同四年(1687年)
御目見地となりました。

昭和20年名古屋大空襲で消失したため、伽藍復興のため昭和48年に現在地に移転しました。 平成18年現住職18世が晋山結制をいたしました。

補足
 【参考】 名古屋寺院誌 御城下臨済曹洞寺院由緒帳 尾陽清寺院 名陽図会

 ※1 七小町 : 現在の東区泉2丁目
 ※2 除地 : 江戸時代、領主により年貢免除の特権を与えられた土地。よけち。
 ※3 御鷹部屋の南 : 現在のウエスティンキャッスルホテルあたり

普蔵寺へようこそ 名古屋市 寺 供養
〒466-0811 愛知県名古屋市昭和区高峯町48
電話番号:052-832-9720
住職:川浦 大幸

【交通のご案内】

≫地下鉄で
-------------------------------------
名古屋市営地下鉄名城線『名古屋大学』駅より
徒歩約5分

≫お車で
-------------------------------------
山手通『山手通1』交差点を東に約300m
駐車場:25台


大きな地図で見る
お問い合わせはこちら 名古屋市 寺 供養

普蔵寺のあゆみ・概要 ページの先頭へ
普蔵寺 名古屋市 寺 供養  〒466-0811 愛知県名古屋市昭和区高峯町48
 電話番号:052-832-9720

COPYRIGHT(C)2004 SUNFIRST.INC ALL RIGHTS RESERVED.