イメージ画像
HOME 名古屋市 寺 供養

普蔵寺のご紹介 名古屋市 寺 供養
普蔵寺のあゆみ・概要
供養のご案内
普蔵寺日和
永代供養墓

行事のご案内 名古屋市 寺 供養
普蔵寺年中行事

お問い合わせ 名古屋市 寺 供養
お問い合わせフォーム

CONTACT 名古屋市 寺 供養
愛知県仏教会
全日本仏教会
曹洞宗宗務庁

普蔵寺日記 曹洞宗 愛知 寺院
普蔵寺日和

題名 日付
普蔵寺日和 第五回目  『おことば』 2009.06

                     おことば
                             曹洞宗管長      福山諦法            

 我が曹洞宗は、一仏両祖(いちぶつりょうそ)の教えに基づいた生き方を実践していくことを旨とします。
 仏前に静かにすわり、息をととのえましょう。お灯明をともし、み仏と自分とがひとすじに結ばれるところにお線香を立てます。合掌し、み仏とご先祖のみ名をとなえ、ご供養いたしましょう。朝夕のおまいりは坐禅をすることと同じ功徳(くどく)があります。わたくしも毎日つとめております。
 瑩山(けいざん)さまは『坐禅をすると、こころが澄み、人間のもっとも美しい姿が現れる』と説いておられます。そのみ教えから発せられる言葉が「愛語(あいご)」です。『おはようございます』の挨拶で一日が始まります。挨拶はお互いの無事を祈り、絆(きずな)をつよく結ぶ愛語です。
 現代社会は混迷し、理不尽に命が失われ、不安と不透明の世相です。しかし決してあきらめてはなりません。み仏と自己の絆、人間どうしの絆、自然と自己の絆をつよめて、生かされて生きる喜びをもてる社会にいたしましょう。
 道元(どうげん)さまは『ただひとりでも世のために尽くす強い決心をもち行ずれば、世の中すべてがそうなる』と励ましておられます。曹洞宗の「人権・平和・環境」はそのための目標なのです。
 この身がみ仏の教えに照らされ、ご先祖の温もりにつつまれている幸せを、よくよく自覚しなければなりません。そうして孤独に涙する人に、不安におののく人に、み仏の言葉としての慈しみの言葉、「愛語」を語りかけてほしいのです。
 『愛語(あいご)能(よ)く廻天(かいてん)の力(ちから)あることを学(がく)すべきなり』
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

COPYRIGHT(C)2004 SUNFIRST.INC ALL RIGHTS RESERVED.