イメージ画像
HOME 名古屋市 寺 供養

普蔵寺のご紹介 名古屋市 寺 供養
普蔵寺のあゆみ・概要
供養のご案内
普蔵寺日和
永代供養墓

行事のご案内 名古屋市 寺 供養
普蔵寺年中行事

お問い合わせ 名古屋市 寺 供養
お問い合わせフォーム

CONTACT 名古屋市 寺 供養
愛知県仏教会
全日本仏教会
曹洞宗宗務庁

普蔵寺日記 曹洞宗 愛知 寺院
普蔵寺日和

題名 日付
普蔵寺日和 第一回目  『命の大切さ』 2008.08

最近、命にかかわる事件が毎日のように報道されています。
残念でなりません。

命をあまりにも軽視しすぎているのはなぜでしょうか。
自分の命は自分だけのものではなく多くの命の上に支えられていることを
理解してください。

皆さんの両親がいます、その両親にも親がいます、10代さかのぼれば1024人、
20代さかのぼればなんと1048576人のご先祖様が存在します。
そのうちの一人でもかけていたら今の自分は存在しないのです。
その多くのご先祖様に支えられているのが自分の命です。

曹洞宗の経典に『修証義』というものがあります。
その中に利他の教えを説く「四摂法」(ししょうほう)布施・愛語・利行・同事
というものがあります。
その中の「同事」ということは、他に背かないだけではなく、自分にも背かない。
自分と他人を区別して、相互に対立するのではなく、自他は一体であるということです。

自分と人とのつながり、自分と社会とのつながり、自分と自然とのつながり
その中に自分というものが存在するということに気づくことです。
自分の命が多くの先祖に支えられているのと同じように、他人の命も
多くのご先祖様に支えられているのです。

自他の命、地球の自然は同様に大切です。
そのことに気づけば、世界中の争いごとがなくなるのではないでしょうか。

COPYRIGHT(C)2004 SUNFIRST.INC ALL RIGHTS RESERVED.